×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

昼食のそばについて

昼食のぞはについて

 

「そば」は、ほとんどのビタミン、ミネラルを含んでいる他、ルチンを含み、血管を強化する働きがあります。
主食となる米類・パン・めん類の中でも、GI値が60以下と低いのが特徴です。いわゆる低GI値食品です。
食事で、カロリーや脂質の量も大切ですが、このGI値も大変大事です。

 

 

GI値とはグリセミック・インデックスと言い、食品ごとの血糖値を上がる度合いをあらわしたもで、ブドウ糖を100として、たとえば白飯なら80以上、玄米ご飯は50、バナナは60、りんごは30など数値が低いほど、血糖値の上昇がゆるやかになります。

 

主食として毎日食べているごはんやパン、めん類などの炭水化物は、体内で糖に変化する高GI値食品です。GI値の標準である60を上回っているものがほとんどです。

 

かといって、まったく炭水化物を摂らないのもダメです。炭水化物が不足すると、筋肉がやせ落ちて代謝機能が低くなり、リバウンドしやすい体をつくってしまうのです。

 

低インシュリンダイエットでは、GI値が60以下の食品・食材を選んで食べるようにすれば、食事量を減らす必要は無いと言われています。食べる量を減らさずにダイエット出来るので、ストレスのないダイエットとして有名です。

 

ですから、プチ断食ダイエットで昼食に薬味をたっぷり入れて「そば」を食べるのは、ものすごく合理的であると言えます。考案されたは石原先生さすがです!ムダがありません。

 

さらにネギ、生姜、唐辛子、ワサビなどの「薬味」を入れることにより体温の上昇効果があります。

 

 

にんじんリンゴジュースを作るのに絶対必要なのがジューサーです。

せっかくジューサーを買うなら、少しでも良いジューサーを購入したいと思うのは当然の事だと思います。

プチ断食を強力にサポートする必須のツール ⇒ パワージューサーとは?

 

 


ホーム プチ断食の方法 プチ断食の効果 石原先生が語る断食効果 パワージューサー体験記